所有しないのに慣れる

観覧車

 
 
お店に行かなくても、すぐに聞きたい音楽が聞けて、読みたい本が読めるようになってきている。

 
 
データとして、音楽を買ったり、本を買ったりできる。

 
 
もっと進んで音楽も定額制、本も定額制なんてサービスもある。

 
 
ただ、モノが手元にないことにまだ慣れきれていない自分がいる。

 
 
モノがないと寂しいと思うこともあるが、モノがないことで部屋が広く使えるということもある。

 
 
どちらも自分で選ぶことができるが、今のところ、中途半端になっている。

 
 
どっちかにバッサリ決めるということは自分にはできないらしい、笑。

 
 
選択肢が多いと決められないようだ。

 
 
方向としては所有しない方向になっていくのかなと思っているが・・・。

 
 
車や家なんかも借りてもいいんだし、地球に自分がいるのもそういうことなのかもしれない。(話が大きくなってしまった)

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました