先見の明

先見の明

 
 
日々新しい技術や仕組みを知る機会がたくさんある。

 
 
ありすぎてついていけないし、知らないことの方が多い。

 
 
そんなことの連続の中、自分も何かを開発していっている。

 
 
そんな中、ずいぶん昔に出会った技術が、今、流行っていることもある。

 
 
時代がやっと追いついたのかもしれない。

 
 
いくら良い技術があったとしても、世間で認められないと意味がないのかもしれない。

 
 
機会に恵まれなかった技術や人というのもいるということ。

 
 
タイミングってだいじ。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました