世界の中心は自分

 
 
世界

 
 
世界の人口は何人でしょうか、と質問されたら何人と答えるか。

 
 
だいたいの人が何十億人とか、答えると思う。

 
 
だが、ある人はそうではなかった。

 
 
ある人の答えは一人。そう、自分だけ。私しかいない。

 
 
世界には自分ひとりしかいないというのだ。

 
 
それはなぜか。

 
 
この世界は自分中心で成り立っているから。

 
 
自分を通して、何かを見たり、聞いたり、認識できる。

 
 
私が見たあなたがいるだけであって、私がいなくなっては、なにも認識できない。

 
 
私が見た、自分が感じた何かしかないのである。

 
 
私の見方で世界は変る。

 
 
私が世界の中心であり、世界を作っている。

 
 
と言った人がいた。

 
 
なるほどね。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました