本を読まなくなった理由

 
 
本

 
 
ぜんぜん本を読まなくなった。

 
 
これは読まなくなったのではなく、読めなくなったのほうが正しいのかもしれない。

 
 
たまたま会社で本を読んでいて本が読めない理由に気づいてしまった。

 
 
その理由は老眼が進行してしまっているから。

 
 
読みにくいからすぐに疲れてしまう。

 
 
だから読みたくないのだ。

 
 
老眼を改善する目の運動なんかもやっているけれど、いっこうに改善される気配がない、笑。

 
 
○○○ルーペが気になっている。

 
 
あれを付ければ、読みやすくなるのかな。

 
 
もう読むのをあきらめて、本を聞くに徹するか。

 
 
それもありだな。

 
 
本が好きだったので、読めなくなるのは残念で仕方がないのだ。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました