この社会は誰かが何かを言って変わってきた

 
 
シャボン玉

 
 
人間にはテレパシーという機能がないので、誰かに何かを伝えるときは、言葉で伝える。

 
 
ということは、誰かに何かを伝える技術というのはとても大事だということ。

 
 
何も言わなければ、何も伝わらない。

 
 
何か言うときは、うまく伝えた方がいい。

 
 
うまく伝えられる技術を持っていた方がいいことになる。

 
 
そこが苦手だと思っている自分はずいぶんと損をしているのかもしれないね。

 
 
今まで誰かに何かを伝えるという技術について、苦手だという一言で、ないがしろにしてきた。

 
 
あ、このままだと、やばいな、と思うようになってきた。

 
 
同じ事実を伝えるのにも、うまい伝え方と下手な伝え方ってあると思う。

 
 
その辺、いままで、やってこなかった。自分には関係ないと思ってたよ。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました