人と違うことへの恐怖

 
 
学校
 
 
集団の中にいると人と違うことに恐怖を感じることがある。

 
 
人の目が怖くなるときがある。

 
 
人はみんな違うということも忘れ・・・。

 
 
違っていて当然なのにね。

 
 
いつからなんだろう、と思うと、おそらく小学校に入学式の時からではなかろうか。

 
 
入学式から教室へ戻ったあと、上着につける名札をもらうのだが、それが自分だけなかった。

 
 
当然のように自分だけなかったので、悲しくなったことをよく思い出す。

 
 
それについて先生のフォローも悪かったのだ。

 
 
名札がない、名札がない、動揺している自分に周りは冷たかった。

 
 
もう40年も前の話なのにね。

 
 
根に持つタイプなんで。。。

 
 
自分が悪いわけじゃないのに、疎外感を感じ、自分が恥ずかしい思いをして、小心者なので、周りに恐怖も感じてしまったんだろうな。

 
 
今でも同じだよ。変わってないな。

 
 
Photo by Anton Sukhinov on Unsplash
 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました