便利なようで便利でない?

ice-skates

 
 
昨日は実家に帰っておりました。

 
 
毎年正月に実家に帰るとどこかに食べに行きます。

 
 
今年は回転すしに行きました。


 
 
久しぶりに回転すしに行ったのですが、随分と機械化されていて驚きました。

 
 
予約はスマホアプリでできるし、注文もタッチパネルから行い、自分の注文した皿が流れてくると、ちゃんとお知らせしてくれるという、これでもかというくらい人が絡まないシステムでした。

 
 
人を使わない仕組み=人がいらない

 
 
価格を安くするために、ここまでやるのかという感じはしましたが、その業界で生き残るためには、しかたのないことなのかもしれません。

 
 
両親はと言えば、スマホを持っていないし、タッチパネルの操作もわからないのです。

 
 
ということは、僕らがいないと注文すらできないので食べることができない、予約もできないので、並ばなければならないということ。

 
 
人によっては、利用しにくいお店なんですよね~。

 
 
ターゲットが違うとか、操作を覚えればいいとか思うかもしれませんが、これでいいのかなと感じました。

 
 
もう少し時代が進めば、人工知能を持ったロボットが対応してくれるので、問題はないのかな。

 
 
人間味を感じるなら、高いお店に行けばいいのか、と思ったり。

 
 
複雑な気分になったのです。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました