スポンサーリンク

心配性の矛先を変えると

心配性



心配性の性格の人はいます。実は僕がそうです。



心配しすぎて行動できないことも多くあります。


スポンサーリンク




失敗していないのに、失敗したらどうしようと考えすぎでも、結局うまくいったりしていないですか。



で、うまくいったあとのことを考えていないので、ぎくしゃくしてしまい、行動が遅れるとか。



結果、失敗っぽくなってしまったりしてませんか。



自分は心配性の性格を治そう、治そうと思っていたのですが、治すのではなく、心配する方向を変えてみるというのはどうでしょうか。と思ったのです。



心配する方向を変えるというのは、失敗した後を考えるのではなく、成功した後のことを考えておくのです。



こうすることで、成功した後もスムーズにコトが進むはずです。



最近こういうケースがありました。



社内でプレゼン大会みたいなのがあって、一番優秀な人には金一封なんてことが。



こういうのも勝ち抜いた後のことを考えておくと、いいのでしょうね。



獲得したお金をどう使おうとか、表彰時のコメントを用意しておくとか。



心配性のままでもよさそうです!



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。