スポンサーリンク

圧力鍋にチャレンジです

鍋



会社の食堂で食べる昼食もだんだん飽きてきました。


スポンサーリンク




かといって、妻が弁当を作ってくれるわけでもないので、簡単に何かできないかと考えました。



ということで、電気圧力鍋なるものを購入したのです。



簡単にというのがミソです。



手のかかる料理はおいしいと思いますが、簡単でおいしくないと自分は続けることができないと思ったので。



レシピにもよりますが、電気圧力鍋なら材料を入れて待つだけ、しかも時短、時間設定もできそうなので、いろいろ融通がききそうだし、試しに買うことにしました。



普通の圧力鍋も使ったことないのですが、実家で母親が電気圧力鍋を使っていたので、ずっと気になっていたのですよ。



自分の食べたいものを自分で作れれば、それはうれしいですし、自信にもなります。



まずは、電気圧力鍋の付属のレシピ本に載っているおでんやら、ミネストローネやらの簡単そうなものにチャレンジです。



レシピ本には50のレシピがあるので、まずはそこらへんをクリアしていきます。



使い方に慣れてきたら、もっと複雑なものにチャレンジして行こうかと。



操作を間違えて爆発とならなければいいのですが・・・。



弁当に温かいミネストローネを持っていければ、いいなぁ~。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。