スポンサーリンク

平等主義



唯一無二



平等平等と言っても、不満ばかりがつのることになる。



家事の負担の平等とか、仕事の平等とか、金銭的負担の平等とか。



全部、平等にしようとすると、多くやっている方が不満を持つことだろう。



今の自分がそうだ。



家事も仕事も金も自分のが多く負担している。



かたや妻は・・・と不満がつのるのだ。



病気だからしょうがないと妻が言う。



そうは思えない自分とはいつも平行線。



交わることがないのだ。



平等平等ではラチがあかないのだろう。



強い立場から平等を言う自分は卑怯者なのだろう。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加