スポンサーリンク

記事の校正の自動化大作戦!

最終更新日:

inspection



今回は記事の校正方法についてお伝えします。


スポンサーリンク



自分では誤字脱字に気づきにくい

自分では間違いなく書いているつもりでも、後でブログを確認してみると、意外と誤字脱字が多いです。同じような悩みを持っている方も少なくないはず。(だと思っています)



自分で書いたものって客観的に見られないものですね。なので、気づきにくい。



人間はミスをするものです、とはわかっていながら、「慣れた作業だから」という思い込みから確認を疎かにしてしまい、ミスにつながります。



ミスに気づかず記事を投稿してしまえば、読んでくれる読者様に失礼になってしまいます。



ブログの場合、誤字脱字を指摘してくれるケースはほぼないので、間違ったまま放置状態ってこともありますね。



なんとか簡易的にも確認の作業をする方法、それはマイクロソフトのWordの文章校正機能を使うこと。



Wordなら使い慣れている方も多いと思います。



Wordがパソコンにインストールされていない方は、こちらのウェブサービスを使ってみてください。



使い方はこちらの記事が参考になりますよ。


Wordの文章校正を使えば解決です!

私のパソコンにはWord 2013がインストールされていますので、Word 2013で説明させていただきます。



記事はメモ帳などのテキストエディタで書いていますので、記事が書き終わったら、すべて選択して、コピーします。



次にWordを開いて、白紙の文書に貼り付けます。するとどうでしょう、怪しい箇所に波線が自動で付けられます。(下図赤枠参照)



proofreading



あとは、波線の部分を1つずつ見ていき、本当に間違えであれば直していくだけ。



これで、最低限の品質は保てるわけです。意外な発見があって驚くこともしばしば。



波線の色の意味は、

  • 赤色の波線 ・・・スペルミスや入力ミスの可能性
  • 緑色の波線 ・・・文法の誤りの可能性
  • 青色の波線 ・・・書式設定に不整合の可能性

です。



オプションで校正の方法をいろいろいじれますが、まずは何もいじっていない方法で十分かと思います。



誤字脱字に悩んでいる方、ぜひお試しを!



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。